銀行キャッシング

銀行キャッシング

銀行のキャッシングは「金利が安い」「審査が厳しい」が特徴となっています。審査が厳しいとはありますが、実際にはどうなんでしょう?

 

出来ることなら金利の安いところで借りたいのが人間というもの。一応銀行のキャッシングについても知っておいた方が良いですね。
銀行のキャッシングには2種類あります。「銀行キャッシング」と「銀行系キャッシング」です。「系」が付くか付かないかの、ただの言い方の違いのように思いますが、実際には全く違ったものとなっています。銀行キャッシングとは、その名のとおり、銀行自体が運営主体として行っているキャッシングです。

 

2010年の貸金業法の改正により、それ以前よりも金融機関がお金を貸し出すことに厳しい規制が与えられるようになりました。具体的には、「収入を証明できない人へのお金の貸し付けは絶対禁止!」というものです。かなり厳しい規制ではありますが、この規制、銀行だけは適応外となっているんです。
そのため銀行側としては「この規制、俺たちには有利だぞ(うへへ〜♪)」ということになり、最近ではキャッシングに力を入れる銀行が多くなったんです。

 

それでも銀行は銀行。ある程度の安定した収入がなければお金は借りられません。
パチンコを収入源としているパチプロは、いわゆる無職ですから銀行キャッシングを使うのはかなり難しいものとなっています。